専門学校に通うメリットとは

高校卒業後の進路は、就職と進学の2つに大きくわけることができます。上級学校に進む場合の進学先には短大、大学、専門学校がありますが、それぞれ教育目的が異なっているため、自分の目的に合った学校を選ぶ必要があります。
大学は幅広い知識を身につけ、専門の学問を研究するための教育機関です。問題を自ら発見し、解決する能力を開発することを目的としています。これに対し専門学校は職業技術訓練を主に行う学校で、職業や実際の生活に必要な能力を身につけることを目的としている点が特徴です。なりたい職業がはっきりしている場合には、近道だと言ってよいでしょう。短大は学問研究に加え職業や実際の生活に必要な能力を身につける教育内容となっており、大学と専門の中間的な存在だと言えます。

仕事に必要な即戦力が身につく

専門に通う最大のメリットは、職業に必要な知識や技術を効率的に学べる点にあります。大学や短大のカリキュラムは教養・一般科目が4割を占めているのに対し、専門科目が8割から9割と職業に直結した教育内容が特徴です。講師たちは実務経験が豊富で、実習や実技の授業も多く、卒業後はすぐに即戦力として通用する力を身につけることができます。
また、多くの学校ではインターンシップに力を入れており、学校に通いながら実際の職場を経験することができます。現場の様子や企業の雰囲気がわかるので、卒業後の具体的なイメージをつかむことも可能です。時にはインターンシップがきっかけで就職につながることもあり、学生たちにとって大きなチャンスとなっています。

資格取得・就職に有利

職業に資格が必要な場合には、資格取得のサポートが得られるのも専門学校の大きなメリットです。資格取得に向けた講座があるのはもちろん、業界や資格試験に強い講師が対策を担当している学校もあります。また、国家資格の中には調理師や栄養士など卒業するだけで取得できるものや、看護師や美容師など卒業することで受験資格が得られるものもあります。目指す職業と資格の関係について理解しておくことが大切です。
卒業生が業界の第一線で活躍しており、企業との厚い信頼関係があるため、求人数も多く、中にはその学校だけの求人があることも、専門ならではのメリットです。講師や現場から直接声がかかる可能性もあり、就職に有利な条件が揃っています。めざす職業が決まっている場合には、通う価値大だと言うことができます。

ピックアップ記事

専門学校で利用できる支援制度の種類

専門学校への進学を希望していてもご家庭の経済事情によっては必要な費用を準備することが難しい場合もあるでしょう。そんなとき頼りになるのが学費支援制度です。お金を理由に進学をあきらめようとしているのなら、...

種類と対策を知る専門学校入試

専門学校の入試は主に一般入試、推薦入試、AO入試の3つで、この他に特待生入試や社会人入試を行っている学校もあります。専修学校の中でも専門課程は高校卒業程度を対象にしているため、高校を卒業する人ばかりで...

費用を解説!専門学校に通うためには

学校に通うためには受験料に始まって入学金などの一時金、毎年の学費などが必要です。自宅から通う場合には交通費、下宿する場合には家賃や生活費なども別に必要になります。2年目以降は初年度に比べ安くなることが...

専門学校に通うメリットとは

高校卒業後の進路は、就職と進学の2つに大きくわけることができます。上級学校に進む場合の進学先には短大、大学、専門学校がありますが、それぞれ教育目的が異なっているため、自分の目的に合った学校を選ぶ必要が...


コンテンツ

カテゴリー