専門学校で利用できる支援制度の種類

専門学校への進学を希望していてもご家庭の経済事情によっては必要な費用を準備することが難しい場合もあるでしょう。そんなとき頼りになるのが学費支援制度です。お金を理由に進学をあきらめようとしているのなら、利用できる制度がないか良く調べてみましょう。
学費支援制度は、返済義務があるかどうかにより給付型と貸与型の2種類があり、貸与型はさらに利息のある・なしによって2つのタイプにわけられます。利用する制度により借りられる金額や併用可能かどうか、返済金額・期間などは異なるため、よく確認しておくことが大切です。
支援制度の中には世帯の経済状況や成績などの条件があるものも少なくありません。また、入学前に申し込む予約採用だけでなく、在学採用なら入学後の申込も可能です。

日本学生支援機構の奨学金

日本学生支援機構は国内の学生と留学生を対象に支援活動を行う独立行政法人で、国内で最も利用者の多い機関です。貸与型の奨学金に加え、給付型も導入され、より充実した内容となりました。
返済義務のない給付型は児童施設の入所者や生活保護世帯や非課税世帯が対象で、高い学習成績を収めていることが条件です。成績不振に陥った場合には返還を求められることもあり、かなりハードルの高い内容となっています。
貸与型は給付型ほど条件が厳しくないものの、家庭の経済状態や一定水準の成績が求められる点では同じです。利息のない第一種は希望者が多く、競争率が高めなのに対し、利息のつく第二種は条件が緩やかで、借りられる金額も多くの種類から選べるなど柔軟な内容が特徴です。いずれも入学前だけでなく、入学後の申込も可能です。

学校独自の支援制度も

公的機関の学費支援制度は日本学生支援機構だけでなく、地方公共団体なども行っています。地方公共団体の奨学金は貸与型がほとんどで、日本学生支援機構と併用できないものも少なくありません。ただし利息はつかない場合が多いので、返済を考えると安心感があります。
これに対し、学校独自の制度を設けているところでは、特待生など返済が不要のことも多く、世帯収入などの条件もない場合がほとんどです。ただし高い成績が求めらるのはもちろん、募集枠も少ない点はデメリットだといえるでしょう。
専門分野に関連する資格を持っていると学費の一部が免除されたり、スポーツ特待生などの制度がある学校もあります。専門学校選びのひとつのポイントとして押さえておきましょう。

ピックアップ記事

専門学校で利用できる支援制度の種類

専門学校への進学を希望していてもご家庭の経済事情によっては必要な費用を準備することが難しい場合もあるでしょう。そんなとき頼りになるのが学費支援制度です。お金を理由に進学をあきらめようとしているのなら、...

種類と対策を知る専門学校入試

専門学校の入試は主に一般入試、推薦入試、AO入試の3つで、この他に特待生入試や社会人入試を行っている学校もあります。専修学校の中でも専門課程は高校卒業程度を対象にしているため、高校を卒業する人ばかりで...

費用を解説!専門学校に通うためには

学校に通うためには受験料に始まって入学金などの一時金、毎年の学費などが必要です。自宅から通う場合には交通費、下宿する場合には家賃や生活費なども別に必要になります。2年目以降は初年度に比べ安くなることが...

専門学校に通うメリットとは

高校卒業後の進路は、就職と進学の2つに大きくわけることができます。上級学校に進む場合の進学先には短大、大学、専門学校がありますが、それぞれ教育目的が異なっているため、自分の目的に合った学校を選ぶ必要が...


コンテンツ

カテゴリー